Sports Science & Education

Service
事業内容

Case Study
事例

Activities
実績

スポーツを科学的に教育的に発信する。
It is important to catch the scientific basis in sport.

近年、スポーツ科学に関する情報を容易に知ることができるようになりました。その情報を適切に活用することで、クライアントに対して最善のサポートが可能になります。スポーツ科学は日々進歩しています。
我々は、その進歩を柔軟に取り入れ、クライアントの目的達成へと導きます。実践力だけではなく、科学的視点も兼ね備えた “Professional”であり続けるため、日々研鑽しています。


Service
事業内容

株式会社プロフェッショナルトレーナーズチーム スポーツ科学 セミナー企画・実施

セミナー企画・実施

指導者や選手やクライアントに、より専門性の高い知識や技術を発信し、それぞれの現場や日常生活に役立ててもらうことが目的です。様々な情報が錯綜している現在において、何が重要で、何が必要なのかを発信していくことが重要となります。

  • 体育協会主催のトレーニング講習会
  • 企業との共同セミナー
株式会社プロフェッショナルトレーナーズチーム スポーツ科学 学会発表・論文投稿

学会発表・論文投稿

スポーツ現場での指導から出てきた疑問や問題を、科学的視点から検証し、結論付けていくことで、その根拠を深く理解することができます。そして、その結論を発表という形で示すことで、より多くの人たちに情報を発信することができます。

  • 日本トレーニング指導者学会大会 ポスター発表
  • The 38th Annual NSCA National Conferenceポスター発表
  • 日本トレーニング科学会 原著論文投稿
 
株式会社プロフェッショナルトレーナーズチーム スポーツ科学 教育現場活動

教育現場活動

これからトレーナーを目指す学生に、活きた現場経験と正しい知識や技術を伝える為、教育機関と連携を図っています。彼らが成長することで、スポーツ現場の活性化に繋がり、スポーツ社会全体を盛り上げる一翼を担います。

  • 専門学校での非常勤講師
  • 高校、専門学校での特別講義
株式会社プロフェッショナルトレーナーズチーム スポーツ科学 社内研修会

社内研修会

スポーツ現場では触れることの少ない「スポーツ科学」について、論文を抄読し発表したり、各々の現場で起こった事象に対してディスカッションをしています。Trainers Teamだからこそ、様々な視点から事象に対するアプローチを考えることができ、より良い答えを導き出すことができます。

  • 論文抄読
  • 各団体、協会主催のセミナー受講者による勉強会

Case Study
事例

The 38th Annual NSCA National Conference

株式会社プロフェッショナルトレーナーズチーム スポーツ科学 The 38th Annual NSCA National Conference

方向転換動作のバイオメカニクス的研究をテーマに、ポスター発表を行ってきました。発表時には、現場のストレングスコーチや大学のアスレティックデパートメントでディレクターをされている方からご指導を頂きました。方向転換動作の研究は奥が深く、分かっていないことが多くあります。今回の研究は初期動作に着目した研究であり、このことが明らかになれば、スポーツ現場での指導に大きく貢献すると考えています。今回の発表で得た新たな知見をもとに、更に研究を進めていきます。

「トレーニング科学」原著論文投稿

株式会社プロフェッショナルトレーナーズチーム スポーツ科学 「トレーニング科学」原著論文投稿

後方への方向転換に関する研究について、原著論文として受諾されました。後方へ走る際に、どのような初期動作を行なえば方向転換時間を短縮できるのかについてまとめました。結果としては、方向転換時間に有意な差はみられませんでしたが、カウンターステップ(進行方向とは逆方向へステップする)を用いることで、早い段階で身体を進行方向へ向けることができ、ステップ頻度も高めることができました。今後更に解析を進めることで、初期動作の重要性を提案することができると考えます。そしてその提案を、スポーツ現場の指導に活かしていきます。


Activities
実績

<これまでの活動>

2014年6月28日、29日 立命館大学びわこ・くさつキャンパスにて『研究について知ろう!』と題して社外研修を行いました。

■目的
「研究を知る」ことを目的とし、最新の実験機器に触れ、実際に体験する。また、現場での評価と研究から得られる評価との違いを比較することで、正しい情報の理解と提供ができる指導者を目指す。それとともに、今回の研修で得られたデータを学会で発表することで、研究の難しさや緻密さなどを理解していく。
■研究内容
研修1:「歩行・ランニング動作分析」
研修2:「スクワット動作分析」
研修3:「大学院生によるプレゼンテーション&ディスカッション」
研修4:「呼気ガス分析」
○Activities
2014年04月 社内勉強会 論文抄読、発表
2014年06月 社外研修 @立命館大学びわこくさつキャンパス
2014年07月 日本トレーニング科学会「トレーニング科学」原著論文投稿
2014年12月 第3回日本トレーニング指導学会大会 ポスター発表
2015年01月 日本バイオメカニクス学会「バイオメカニクス研究」特集記事投稿
2015年07月 The 38th Annual NSCA National Conference ポスター発表

Our Team
Staff
Our Works
Apply & Inquiry